読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けむりを見ていた

ひとりごと用のサブブログ

記事を書く手順について

1・ネタを考える

最近ネタ出しが多い。楽しいけど、取材がいるものについては慎重に。

書けるものを聞いていただけるのはありがたいと思う。できればこの段階から報酬がほしいなー。でもその後が書きやすいから、結局は自分のため。報酬に含まれているんだろうし。

 

2・OKをもらうか、話し合い

フックが弱くてボツになることも。キャッチーさを出すのが下手かもしれない。Webライター向いてないなってよく思う。キャッチーすぎるのって書くの恥ずかしくない?

 

3・調べる

取材するとか検索するとか。できれば他の人が書いていないものを書く。そのために検索上位は見る。

写真をきれいにいっぱい撮る。

本を読んだりもする。あとは自分の中で、言いたいことを探す。内省。ライターだって内省しますよ、は◯ちゅうさん?

そうするとコラムに近くなってしまうのは確かなんだけど、個性を出せと言われている記事では必須なんだと思う。ただ、個性を出すのはかなり大変だと最近よく感じてる。

 

4・書き始める

最初にまとめを書いて本文を書いてリード文は最後に書け、という説をツイッターで見かけたけど、まあまずは構成を決めるよね。リード文で結論を言うタイプはあまり書きたくない。そういう記事は自分が読まないから。

ていうか最初にリード文を書くときだって全体を俯瞰ぐらいできるだろ。もちろん、書いた後の俯瞰の方が広いんだろうけども。

 

具体的には最初に構成を考えて、見出しだけ書いていく。大見出しと、それぞれに小見出し最低でも2つくらい。

そして気が向いた章、書きたいことがたくさん溢れている章を書いて気分を乗せていく。気分大事!

あとは、上から順に埋める感じで書いていく。

 

5・寝かせる

っていうか自分が寝る。一晩過ごす。

納期が早い記事だとこの時間が取れなくなるので、受けない。

6割くらい書いた段階で寝かせたりもするし、9割書き上げてからも寝かせる。

 

6・足りないところを書く

寝かせてたらだいたい「あ、これを足した方がいい」っていうのを2つくらい思いつく。

「アイデアのつくり方」(名著!)にも書いてあったし、学生時代にレポート書く時もいつもそうだった。

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

 

 

結局は一晩寝てからの方が筆が進むので、効率がいい。ずっとPCの前にいるなんて無理だ…。

 

一気に書き上げることができれば、当日レポートなんかも受けられるようになるだろうと思うけど、結局は自分の文章を弄り回すのが好きで、弄らずに提出した記事を見るとあらが目立つ(私の中で)。

 

最短でも4日くらいかかってしまう記事の書き方はこんな感じ。量産できないので、稼ぎは悪い。苦肉の策として、違う記事を並行して進めたりする。結局思いつくのは一番ノッている記事についてなんだけど。