読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けむりを見ていた

ひとりごと用のサブブログ

メインブログと仕事の「クラウド会議室」の話

仕事 裏話

メインブログのこと

スライド式会議室 空室/使用中サイン(設置用両面粘着テープ付き)・Available/Occupied Meeting Room Slider Sign( w/ double sided adhesive tape)

 

 

まずはメインブログのこと。こないだの記事。

kmy.hateblo.jp

上記の続き。なんだろう、なぜだか11日から、一日のアクセスが1,5倍くらいになって驚いている。

どこから来ているのかは、だいたいグーグル検索なので、いつもと変わりない感じなんだけど。

どこかで露出したのか?と思ってもツイッターで話題になったわけでもなく、謎。

はてなに取り上げられたのか?でも言及通知は来ていない。

 

もしかしたら前日にBINGのWEBマスターツールに登録したことがよかったのか。でも、そんなにすぐに効果があるもの?

でもSEOに強い人が登録をすすめていたのと、アフィリエイターさんが「登録したらアクセス増えた!」っておっしゃっていたので、そうかも。

これが続くかは分からないけど、よかった、のかな。不思議。

ただマイクロソフトにメアドを登録して(そもそもスカイプIDが紐ついていたので、こっちも使います、みたいな連絡をしただけだけど)、トップページを送信しただけなんだけど、効果があるものなのかな。トップページがまだ「保留中」だけど。不思議。

 

(追記・3日たったらPV元に戻りました。なんだったんだ)

 

仕事のこと 

kmy.hateblo.jp

ここで書いた仕事、なんか抜けどきを見失ってまだ続けている…。今月も諭吉さん1人くらい稼ぐかも。

時間を取られているから効率は悪い気がするけど、半年限定のプロジェクトだから続けるかも…意志薄弱…。

ディレクターとはそんなに関わりがないけど、あるライターさんがADという立場にいて、その人の仕事っぷりを眺めていると面白い。すごく働いている!大変そうだけど、感じのいい女性。

 

ただ、こちらの記事

1円ライターから見た、キュレーションサイト「炎上」の現場 « マガジン航[kɔː]

案件停止してしまったクラウド会議室には、まだ優しさが満ちています。先行きの不安を訴える人はいますが、案件停止についてディレクターが罵られるようなことはありません。ディレクターは、私たちのことを心配し、似たような他の案件を回してくれたり、一件数百円(!)の校正の仕事を回してくれたりします。だれも、会議室から離脱しません。私も「せいせいした」なんて思いながら、まだその会議室に居座り続けているのです。 

私が参加しているクラウド会議室(たぶんチャットワークのこと)は案件停止していないけど、その他の状況はこんな感じ。

だから、この記事にとても共感したんだけど(家の都合で記事が書けなくなると誰かが優しく代わってくれるとか、現に起こりつつある)。

 

けれどこの記事に関して

blogos.com

だから、もしライターとしてのキャリアアップを図りたいと考えているのならば、「居心地の良い」クラウド会議室から早々に立ち去ること、これが「1円ライター」から抜け出すためのはじめの一歩になると思う。同じレベルのひとが集まる場所にいてもスキルアップに繋がらず、ただ馴れ合うだけで時間を消費している場合ではないからだ。 

 と書かれていて、なるほどなぁ、と唸ってしまった。

これを私は、「やり甲斐搾取」的なことが生まれているという指摘だろうか、と読んだ。

確かにそこにハマっていると、ADさんのために頑張ろうとか思っちゃうし。「居心地の良い」が必ずしもいいとは、限らないんだよなぁ。

「優しさが満ちている」だから何?みたいな。

 

 

たまに喧嘩している人もいるので、そんなに居心地がいいわけでもないけどw

ただ、ウォッチしていると面白いとか思っちゃって時間を取られているのは事実。だめだ、よくないPDCA回してるぞ? 

 

まあ色々と考えていることがあって、別に私は「高級ライター」を目指さない方向で行こうと考えているのだけど、そこはまだあまり考えがまとまっていないかな?

以上、ブログと仕事のメモでした。