読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けむりを見ていた

ひとりごと用のサブブログ

今月のお仕事振り返りアゲイン

とにかくうちに帰ります (新潮文庫)

人のことを考察するのってついやっちゃうけど、波風たてたくないなら本当はあまり褒められた行為ではない…

 

年内の仕事の予定など

クラウドソーシングとは縁を切ろうと思った。

一時期は完全に辞めてて、今年に入ってから再開したんだけど、それ以降も単価の下がりっぷりがひどい。特にランサーズ。

そして「ネイバーみたいな簡単なまとめ記事を書きませんか?」とか直接スカウトがくる…500円だと…。

 

そういうの書いてたら、自分の倫理観がおかしくなりそうだから、書きたくない。

キュレーションって、よっぽど良くしないとただのパクりだろう。

 

更に、ランサーズストアで情報商材ギリギリのものが売られているのも、あまり好きじゃない。あれはnoteみたいな感じなんだろうけど、noteより質が悪そう。

それでいて「オススメのランサーズストア出品が10件!」みたいなメールが来るようになった。オススメされているのは比較的まともだけど。

だからランサーズはもういいかな。

 

 

クラウドワークスの方がよく使っていて、3年以上お仕事をくれる人もいるんだけど…その人から連絡が途絶えたので、もうこちらも辞めようかと思う。

※追記  さっきその人が「450文字80円」 でタスク出してた。私だと300円近くもらうから…予算かなやっぱり…

 

 

どちらもアカウントは残しておくけど、とりあえず気分的には辞めていく方向で。

困ったらまた戻るというか、リピートしてくれてた(けどこちらから断ったりした)人に、営業メールしまくろう。

 

 

無記名で注力している方の仕事は、多分来月までは続く。ただ、元々「年内は必ず仕事を回します」とだけ言われていたから、もしかしたら継続ないかも?

 

良い記事を納品できたら、継続してもらえるかなぁ。でもあの人が欲しているジャンルで、まだ私が書ける記事あるかなぁ。

 

まだ終わってないので、ちゃんと終わらせることが第一優先だけど、無くなる覚悟はしといた方がいいかも。

 

でも私、今の収入の半分以上がこれなんだよね…時間がかかるから、夏前に他のクライアント切ったんだ。

 

これがさっぱり消えたらクラウドソーシングに戻ればいいかな?

ただ、単価もまあまあで楽しく好きに書ける仕事を知ってしまったので、その代わりがクラウドソーシングの依頼となると、やり甲斐は半減する…気持ち的に辛そう。

 

何か考えなきゃ。というか来月に、再来月以降のこと聞いてみなきゃ。

 

仕事が終わる可能性があるから年末年始にまた年賀状仕分けのバイトしようかなと思ってたけど、腰痛が不安なのでやめておく。

フリーランスの人はこういうの大変だね。終わったりするから。それに比べると時給で雇われるのは楽だ。

 

記名記事の方は、「ネタないです」と返事して以降は音沙汰なしなので、今月はノルマなしと受け取っていいのかな? 

ネタは引き続き考えてるけど、うーん、イベントレポになるか、雑学になるか。

先月までの経費と報酬をもらわないと、イベントにも行けないけど。

 

これからのこと 

うむ、今年は色々とうまくいったけど、来年からの保証が全然ない。記名記事を今以上がんばれるかどうか、くらいか。これ報酬低いんだけどね。

 

でも私、いわゆる外注ライターの方が向いてる気がするんだ、最近。

個性を出していいよ!って言われても困るよ…みたいになってきた。元からそんなに個性ない。だから無記名で全然いい。

真面目なアフィリエイターさんと組んで文章だけ任せてもらえるとか、あったらいいんだけど。できれば女性がいい。

 

アフィリエイターさんが全員外注ライターを求めているとは限らないし、そういう情報ってあまりないから、どうアプローチしていいのか分からないんだけど。

 

このへんがうまくいかなかったら、前のパートに戻ろうかな。飲食じゃなくて子ども相手の方。

これは来年になってから考えよう。個人で細々とやってるボランティアにもっと注力する道もあるし。いやその場合は金が…。

 

 

まずは自分のメインブログをがんばる…と言っても、なんか迷走してるんだけどね。誰かにアドバイスをもらいたい気持ちが溢れているよ。

(私のメインブログを知っている人、アドバイスください!)

 

来月にまた考えて、クライアントとコミュニケーションを取って、また年内に考えて、来年から何か変えられればいいかな。

 

ライター廃業するのかもしれない。組む人が見つかれば、続けたいけど。

ここ数年パートには出てないけど文章書いてお金もらってるよ、って親に言ったら喜ばしい感じだったし、もういいや。いや、続けたらもっと喜ぶのか。

 

 

kmy.hateblo.jp

kmy.hateblo.jp