読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けむりを見ていた

ひとりごと用のサブブログ

引き続き、クラウドソーシングの話

クラウドワーキングで稼ぐ! ―時間と場所にとらわれない新しい働き方

クラウドワークスの社長、本出し過ぎじゃない?気のせい?

 

こないだの話とはちょっとずれるけど、続き。

今まで一番継続の案件をくれている、そしてこちらから言わなくてもじわじわと単価を上げてきてくれるTさん、2013年からのお付き合いでした。

ちゃんと覚えておこう。

私の復帰も、一番喜んでくれたクライアント様。途中で起業した女性。応援したい。だからがんばる(こうやって囲い込みが産まれる…)。

 

2013年って、すごく初心者だったから皮算用でしかないけど、多分もっと稼げる案件いっぱいあったよね。うん、多分。

 

もっと前から知っていればよかったと思います。

でも多分、早い方ではあるのです。だからけっこう実績が溜まっていて。

実績が多くなってからは(しかもまじめに書いてるから好評価ばっかり!)、こちらから案件を探しに行く手間が省けてきます。

勝手にスカウトメールがきます。好きなもの、気になるものにだけ返信するスタイルにしています。

で、それでたまに思うんですけど。

 

スカウトされたから仕事のページを見に行ったら、「応募の際は自己アピール文を400文字以上で書いてください」「初回はお試しなので報酬はありません」とか書いてあって微妙~な気分になることがあります。

少ないけど、10回に1回くらいありますね。

でもスカウトメールに「あなたは自己アピールいらないよ」や「初回から報酬支払います」って書いてくれるクライアントもいて、その人は丁寧だなぁと思いました。スカウトメールも、コピペじゃ駄目だよね。

 

文字単価の下がりっぷりも気になりますが、依頼文すらコピペですませているクライアントも気になりますね。

それでいて「提出物はコピペツールでチェックします」と言われても!

お互いがんばりましょうよ!

 

とか言って、Tさんも私の名前をよく間違えるんだけど><お抱えライターが三人くらいいるっぽいから、使い回しはしてるよね、そりゃ。

最初くらいはちゃんと書いてくれよ、という話でした。さっき来た依頼で「どうにか書いてもらえませんか?」ってメールがきたのに、PR書けって言われて萎えたのです。